The Smiths

「『アンハッピー・バースデー』は素晴らしい曲だよ。
僕の曲にあんな歌詞を書けるのはモリッシーだけだし,
彼にあんな曲を書けるのも僕だけさ(ジョニー・マー)」

多感な思春期,僕の音楽観,人生観に決定的な影響を
与えたバンドがザ・スミスだった。

1982年,スティーヴン・パトリック・モリッシーと
ジョニー・マーという2人の青年によって結成されたザ・スミス。

「僕の人生最大の危機は郵便料金が上がった時さ」
話すほど音楽雑誌への投稿に入れ込み,
暗く自閉的な生活を送るモリッシー。

アングラ・ファッションの洋服屋で働くかたわら
作曲に精を出すジョニー。

ニューヨーク・ドールズのファン・クラブで知り合った2人が
共に曲作りに取り組み始めたことがきっかけとなって
ザ・スミスの歴史は幕を開ける。

モリッシー Morrissey /ヴォーカル
ジョニー・マー Johnny Marr /ギター
アンディ・ルーク Andy Rourke /ベース
マイク・ジョイス Mike Joyce /ドラム

稀代のギタリスト,ジョニー・マーという格好のパートナーを得て
表現者としての自由を手に入れたモリッシーは,
声高に弱者の抵抗を叫び始める。

時に自虐的とも思えるほど惨めで辛辣かつ
極めて文学的なそのリリックは,
ジョニーが紡ぐ瑞々しくも繊細でロマンティックこの上ない
メロディによって一層強い輝きを放ち始めることとなる。

the_smiths
1st Album : The Smiths – 1984
hatful_of_hollow
Compilation Album : Hatful of Hollow – 1984
meat_is_murder
2nd Album : Meat Is Murder – 1985
the_queen_is_dead
3rd Album : The Queen Is Dead – 1986

徹底した弱者視点で描かれるリリックが
アルバム・リリースの度に物議を醸すモリッシーの詞作と
「天才」ジョニー・マーの奇跡的とも言えるコンビネーションは,
3rd アルバム The Queen Is Dead で絶頂を迎える。

叙情的なイントロに突如として攻撃的なドラムが割って入り,
その後,ジョニーのギターが荒れ狂う The Queen Is Dead で
幕を開けた後,ポップ,ロック,パンク,ロカビリー等,
あらゆるジャンルを飲み込んで掻き鳴らされる
千変万化の楽曲群は,
名曲 There Is a Light That Never Goes Out で
アルバム最大のハイライトを迎える。

ロックの新たな領域を開拓したこの稀代の傑作アルバムによって,
ザ・スミスへの支持は不動のものとなっていく。

the_world_wont_listen
Compilation Album : The World Won’t Listen – 1987
louder_than_bombs
Compilation Album : Louder Than Bombs – 1987

その後リリースされた4枚のシングルと
2枚のコンピレーション・アルバムはいずれも好意的に迎えられ,
英米で好調なセールスを見せたものの,
メンバー間の意見の相違,特にモリッシーとジョニーの間の
緊張は日増しに高まり,
次第にバンドは分裂の危機を迎えるようになる。

モリッシーがジョニーと他のミュージシャンとの
仕事を嫌ったこと,
ジョニーがモリッシーの音楽的柔軟性のなさに
苛立っていたことなどがその理由に挙げられているが,
ジョニーは後に「メンバー間の確執が原因ではなく,
音楽的視野を広げるためにバンドを去った」と述べている。

strangeways_here_we_come
4th Album : Strangeways, Here We Come – 1987

1987年8月,NMEの記事「分裂に向かうスミス」をきっかけに
モリッシーとジョニーの対立は遂に頂点へ…。

既にレコーディングを終えていた
4th アルバム Strangeways, Here We Come のリリースを最後に
ザ・スミスはそのあまりに短い歴史に幕を下ろす。

rank
Live Album : Rank – 1988

「ザ・スミスは非常に美しい存在だった。ジョニーが出て行き,
その後,マイクが壊してしまったのさ(モリッシー)」

1996年,解散後初めて4人が顔を揃えたのは法廷だった。

法廷は,ザ・スミスのレコーディングおよびライヴに関わる
利益の10%しか利益を得てこなかったとする
マイク・ジョイスの訴えを認め,
彼が新たに100万ポンドを受け取ること,
以後,ザ・スミスの25%の権利を有することを認める判決を下す。

「素晴らしい旅は終わった。実のところ僕は続けたかったけど,
ジョニーはそれを望まなかったんだ(モリッシー)」

それまでロックが見向きもしなかった弱者の存在を
かくも美しく描き上げたザ・スミス。

この矛盾社会に対して,例えばオアシスのような
ロックンロール・ヒーローとは真逆のベクトルを持って
決して報われることのない抵抗を続けた彼らこそが,
時に「暗黒期」と揶揄される1980年代のUKロック・シーンに
おける「真の」ロック・バンドだったとは言えないだろうか。

軟弱な若者の現実逃避,惨めな敗北者の自己弁護…。

ザ・スミスのサウンドをいずれは卒業するべきものだと考える
向きがあるのも事実だが,
僕はいまだ彼らから卒業できずにいるわけだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中