a-ha

Stay on These Roads


Stay on These Roads – 1988
a-ha

1988年の同名アルバムからの 2nd シングル。

個人的には 4th East of the Sun, West of the Moon 以降,
次第に顕著になるアーティスティックなサウンド・デザインの方が
遥かに好きではあるが,過渡期とでも言えばいいのか,
まだ青臭さとコマーシャリズムが残る Stay on These Roads も
トータリティの欠如に目を瞑ればかなりの秀作。

とりわけ,タイトル・トラックでもあるこの曲の美しさ,
モートンの澄み切ったヴォーカルは特筆モノ。

リリース当時と変わらぬモートンの美しい歌声で
会場のオーディエンスを驚嘆させた,
一昨年,ノーベル平和賞記念祝賀コンサートでの
圧巻のパフォーマンスも併せて試聴されたし。

標準
Diary, My Love Life

We Are Scientists Vol.3

さて,こちらはそんな愛音のお気に入り,
実にお手軽な実験キットの「カラフル水だんご」。

「水だんごパウダー」と「かためる水パウダー」の
2種類をそれぞれ別々に水に加えた後,
2つの液体を混ぜてしばし待つ…


すると,サラサラだった水がぷるんぷるんの水だんごにッ!


付属の「色パウダー」でカラフルな水だんごも。

液体とだんごの中間のような黄色い物体は,
せっかちな美音が待ち切れずに掬い上げたもの(笑)

大人の僕らにとっては他愛のないものではあるけれど,
美音,愛音と一緒なら,それだけで楽しいひととき。

標準
Diary, My Love Life

That’s What Friends Are For

「父ちゃん,午後からお友だちが遊びに来るから
準備してほしいものがあるんだけど…」

「何か必要なの?」

「うん,みんなで『かがくあそび』やることにしたから
使う材料買ってきてほしいの…」

どちらかと言えば控えめで,
お世辞にも社交的とは言えない愛音が
わが家で友人たちと「かがくあそび」というだけで
父親の僕にとっては何とも嬉しい限り。

「じゃあ,必要なもの書き出してくれる?
急いで買ってくるから」

「うん,もう書いてあるんだ。これ…」

…って,多過ぎるだろッ!(汗)

慌てて近所の100円ショップへ直行,
取捨選択する時間もなく総額5,000円オーバー…。

もちろん,小学3年生が自分たちの手だけで
取り組む付け焼き刃の科学実験にそこまで大きな
成果が期待できるはずもなく…。

まあ,皆の笑顔が何よりの収穫だったか…(笑)

標準