Linkin Park

Numb


Numb – 2003
Linkin Park

2nd アルバム Meteora からの 3rd シングルにして,
全英最高14位,全米では最高11位を記録した,
彼らのキャリア初期を代表するナンバー。

僕はこの曲のMVに観られるチェスター・ベニントンの
表情,佇まいが大好き。

加えて,この曲のMVに観られるマイク・シノダの
胡散臭い表情,佇まいが大嫌い…(笑)

それはともかく,今なお数多のフォロワーに溢れ,
Hip Hop 世代によるヘヴィ・ロックへのアプローチは
もはや使い古された手法だと言えなくもないが,
驚くべきはこれが2003年のシングルであるという事実。

翌年リリースされたマッシュアップ,Numb / Encore と共に,
近代ロック史にその名を刻む名曲と言えよう。

標準
Johnny Marr, Noel Gallagher

Ballad of the Mighty I

ballad_of_the_mighty_i
Ballad of the Mighty I – 2015
Noel Gallagher’s High Flying Birds
Noel Gallagher

2015年の傑作,Chasing Yesterday からの 2nd シングル。

自身が「キャリアで最高の楽曲の1つ」と語るように,
含蓄のあるリリックといい,ドラマティックなメロディといい,
現代UK最高のメロディ・メイカーの1人である
ノエル・ギャラガーのまさに面目躍如といったところではあるが,
さらに驚くべきは,この曲にギターでゲスト参加している
ジョニー・マーの溢れるイマジネーション。

依頼されたラフ・ミックスの試聴を断り,
楽曲を知らぬままにスタジオ入りしたジョニーは,
その場でソロ・パートまで仕上げたのだという。

「ジョニーはレコーディング当日,2本のギターとエフェクターが
詰まったバッグを持って現れたんだ。もう凄過ぎたよ。
彼の音には 物凄いエネルギーが込められていて,
俺らなんかとは次元の違う高いレベルにいるんだってことを

改めて痛感させられたよ(ノエル・ギャラガー)」

ノエルにとってのギター・ヒーローでもあるジョニー・マー,
本当に凄いギタリストだとつくづく…。

標準
My Love Life

Meal Together

2年生の愛音と3年生の美音,
好きなものを食べている時の2人の表情も
だんだん対照的に…。

食べる喜び(?)を全身で表現する愛音と
ひたすら貪る美音…(笑)

見ているこちらが思わず微笑んでしまうような,
何とも幸せそうな表情の愛音と
ひたすら貪る美音…(笑)

食べている時は仲の良い2人,
いつもこんなふうに仲良くしてくれると
ありがたいのだけれど…(苦笑)

標準