Morrissey

Now My Heart Is Full


Now My Heart Is Full – 1994
Morrissey
Morrissey, Boz Boorer

1994年の傑作 Vauxhall and I からの 3rd シングル。

厄介事は/いくつかあるよ/
家は/全部/建て直さなくちゃならないし/
愛する家族は/みんな/すぐにでも/
横たわらなきゃならない/精神科医の前にね…

相も変わらず身も蓋もないリリックが連なるわけだが,
しかし,モリッシー自身はこの美しい1曲が
「一つの到達点」だったと語っている。

「この曲はね,大人になったって言うか,僕自身の
成熟の決定的な証だと思うんだ。こんな歌詞を
書けるようになったのを本当に嬉しく思う。
もうリタイアしてもいいくらいだよ(モリッシー)」

今/僕の心はいっぱいなんだ/
今/僕の心はいっぱいなんだ/
僕には/うまく言えないけど/
いや/説明しようとも思わないんだけどね…

僕に構わないでくれ/僕に構わないでくれ/
構わないでくれ/頼むから…

もっとも,「心がいっぱい」だとは言え,必ずしも
「満たされている」ということではないようだが…(苦笑)

広告
標準
Louis Tomlinson

Back to You


Back to You – 2017
Louis Tomlinson feat. Bebe Rexha & Digital Farm Animals
Louis Tomlinson, Nicholas James Gale,
Pablo Bowman, Richard Boardman,
Sarah Blanchard

今年7月にリリースされた 2nd ソロ・シングル。

以前,どこかの記事で述べた記憶もあるのだが,
ここのところ,僕はこの曲のようにシンプルというか,
ミニマルなサウンド・デザインに強く心惹かれる。

ビルボードのラース・ブランドルが “urban-textured” と
評したモダンなトラックに際立つメロディの良さ,
ビービーはともかく,心地よく響くルイ・トムリンソンの
高音域の歌唱も吉。

楽曲本位という点でも,しばらくはこの類のトラックが
幅を利かせることになるのかもしれない。

いや,しかし,個人的にワン・ダイレクションには
全く興味がなかったものの,こうして見るとルイってのは
独特のセクシーさがあってなかなかいい男だね。

まあ,もちろん,僕ほどではないわけだが…(笑)

標準
Guns N' Roses

November Rain


November Rain – 1992
Guns N’ Roses
Axl Rose

1991年の大作 Use Your IllusionⅠからの 3rd シングル。

当然,彼らの粗野なヴィジュアルとサウンドは
僕の嗜好にフィットするものではないが,
この曲のメロディと感動的なオーケストレーションは例外。
(あくまで個人的な意見ではあるが,アクセルの声で
なければ歴史的名曲になり得たとすら思う。)

加えてこの曲のMVもまた僕のお気に入りなのだが,
明らかに狙い過ぎた陳腐なストーリーや
もはやお笑いの域に達しているとも言える
スラッシュのギター・ソロではなく,
時間にして10数秒,ウェディング・パーティーの最中,
俄かに降り出した11月の雨に皆が取り乱す
その僅かなシーンになぜか胸を打たれてしまうという…。

いずれにせよ,90年代を代表するパワー・バラード,
是非ともMVと併せて試聴されたし。

標準