Kate Bush

Wuthering Heights


Wuthering Heights – 1978
Kate Bush

さて,そのケイト・ブッシュ

彼女のデビューをリアルに知る年齢でないにせよ,
「恋のから騒ぎ」に馴染みのある僕らの世代にとって,
ケイトと言えばやはりこの曲になるだろう。

タイトルからも分かるように,エミリー・ブロンテの代表作,
「嵐が丘」をモチーフにしたデビュー・シングルで,
UK最高の女性シンガーの一人に数えられる
ケイトにとっては意外にも唯一の全英No.1ソング。

キュートな歌声とは裏腹に,どこか不穏な雰囲気も漂う
その世界観には,「嵐が丘」よりむしろ「恋のから騒ぎ」という
タイトルがピッタリだという気がしないでもないが,
いずれにせよ,彼女のキャリア屈指の名曲と言えよう。

広告
標準
ジョンメタの言うなら言わねばッ!, Kate Bush, Peter Gabriel

Don’t Give Up


Don’t Give Up – 1986
Peter Gabriel & Kate Bush
Peter Gabriel

ピーター・ガブリエルの最高傑作と言えば,
もちろん,5th アルバム So ということになっているし,
その So からの 1st シングル Sledgehammer は
80年代を代表する歴史的名曲と評されてもいるのだが,
実のところ,僕は Sledgehammer はもちろん,
So のどこかいいのか今でもさっぱり理解できない。

あきらめないで/あなたには私たちがいるわ/
あきらめないで/あなたは打ち負かされたわけじゃない/
あきらめないで/私たちはみんな知っているの/
あなたは/きっと/うまくやれるって…

その So の中で僕が唯一好きなのがこの曲だが,
それもピーターのソングライトというよりは,
ケイトのあまりに感動的な歌唱に依るところが大きい。

「この曲にはアメリカのルーツ・ミュージックを
参考にしたところがあって,実はドリー・パートンに
歌ってほしかったんだ。でも,ドリーに断られてしまってね。
まあ,よかったのかな(ピーター・ガブリエル)」

本当によかったと心から思う。

標準