CREATION, Diary

Spinning Toe-Hold


Spinning Toe-Hold – 1978
CREATION

まだプロレス中継がゴールデンタイムに放映されていた頃,
父親に連れられて何度か興行に足を運んだのも
今となってはずいぶん遠い日の思い出。
(何しろ小学校低学年の頃,記憶も甚だ曖昧ではあるが,
秋田市民体育館での興行だったと記憶している。)

テレビ中継,あるいは父親の影響か,全日派だったわが家の
当時のアイドルはドリーとテリーのザ・ファンクス。
(僕は兄のドリーが好きだったかな,多分…。)

さすがにザ・シーク,ブッチャーとの血みどろの
抗争を知る年齢ではなかったにせよ,
半失神で戦闘不能に陥ってしまった馬場の回復を待つ間,
ハンセン,ブロディの超獣コンビの猛攻を一人で
絶え凌ぐドリーのPWF世界タッグ王者決定リーグ戦での姿は,
まだまだ幼かった僕を強烈にインスパイアした。
(かなりの美化,誇張の可能性あり…。)

そのザ・ファンクスの入場テーマに使われていたのが,
彼らのフィニッシュ・ホールドの名を冠したこの曲。

もちろん,当時から大好きな1曲ではあったのだが,
この年齢になって改めて聴き返してみると,
そのクオリティとバンドのスキルの高さに驚かされる。

もちろん,僕自身はクリエイションの面々をリアルに知る
世代ではないが,成程,あの大槻ケンヂが絶賛し,
松本孝弘がカヴァーするのも納得の出来。

こりゃ,しばらくわが家のパワー・プレイかな…(笑)

標準
Diary, My Love Life

When She Does Her Homework

「ウチのクラスだけさ,宿題多過ぎるんだよォ~~」

無事3年生になった愛音,担任が変わり,
自習学習も含めて結構な量の宿題が出されるようで,
ブツブツ文句を言いながらノートを開く。

それでなくとも一つ一つの動作が速いとは言えないから,
終えるまでにはずいぶん時間がかかってしまって
確かに大変そうと言えば大変そうで…。

いろいろな考え方があって然るべきだし,
ここで良し悪しを論じるつもりもないけれど,
僕自身は宿題が多いのは実に結構なことだと
思っているし,むしろもっと出してもらっても
いいくらいだと考えている。

僕が大嫌いなのが「本人の人生だから,勉強するも
しないも本人次第」といった類の言葉。
(実際,僕の周りでもこういう言葉をよく耳にする…。)

やらせるべきはやらせる,さまざまな選択肢を提示する,
勉強にせよ,進路にせよ,自分がどうあるべきか,
今後どうしていくべきかを真剣に考えさせていくことが
親である僕の最低限の責任だと思っているから。

まあ,ドーナツ片手に宿題に取り組む愛音の姿も
問題と言えば問題だし…

その愛音の後ろでゲーム機を持ったままウトウトする美音は
もっと問題ではあるのだけれど…(笑)

標準
Diary, 倉木麻衣

Love, Day After Tomorrow


Love, Day After Tomorrow – 1999
倉木麻衣
倉木麻衣,大野愛果,北浦正尚

Mai Kuraki Live Project 2017 SAWAGE☆LIVE 福岡公演,
確か18時開演予定だったはずだから,
我が騎士団 Annabelle 鉄壁の防衛隊長とらさんは
今頃会場でヒートアップしているのかな…。
(本ブログの趣旨に沿わないと判断して関連記事は削除したが,
大型アップデート以降も「神撃のバハムート」は継続中。)

聞けば,30,000円オーバーのSSS席3列目をゲット,
公演終了後に本人からラヴレターを手渡されるんだとか。

僕はと言えば,彼女の近年の楽曲はほぼノー・チェック,
積極的に耳を傾けることもなくなってしまったものの,
このデビュー・シングルは今でも大のお気に入り。

当時,シーンを席巻していた宇多田ヒカルあたりと
事あるごとに比較されていたのを今でもよく覚えているが,
それももう20年近く前の話か…。

な,なるほど,僕も歳をとるわけだ…(苦笑)

標準