Fairground Attraction

Perfect


Perfect – 1988
Fairground Attraction
Mark E. Nevin

わずか1枚のアルバムを残してその活動に
終止符を打ったフェアグラウンド・アトラクション,
最初で最後の全英No.1ヒット。

「人生は短いから恋は完璧でなければダメ」という
安直なリリックは好きにはなれないのだが,
(当時,マーク・ネヴィンには彼女がいなかったらしい…。)
アコースティックな肌触りと胸躍るメロディ,
どこか憂いを帯びたエディ・リーダーのヴォーカルが
見事にフィットした極上のポップ・ソング。

サイモン・エドワーズの奏でるギタロンが醸し出す
独特の雰囲気も楽曲の世界観にピッタリだ。

Kill Uncle のライターとして既に本ブログにも
何度か登場しているマーク・ネヴィンの
ベスト・ワークと言って差し支えないだろう。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中