a-ha

Dragonfly


Lifelines – 2002
♯14 Dragonfly
a-ha
Magne Furuholmen

2002年の 7th アルバム Lifelines 収録曲で,
a-ha 名義でのシングル・リリースはないものの,
本作中,僕が最も好きなナンバーだ。

元々はマグネ・フルホルメンのソロ・ユニット,
ティンバーサウンドが手掛けた映画 Øyenstikker の
同名サウンドトラックからの限定シングルで,
後にリリックの一部に変更を加えて再レコーディング,
モートンのヴォーカルで Lifelines に収録された。

たどたどしいマグネのヴォーカルが物悲しい雰囲気を
醸し出すオリジナルも秀逸だが,
やはり,モートンによる繊細な歌唱は圧巻。

ヘレーネ・アレクサンドラがかつてこの曲について
「秋の夕暮れには,赤ワインのボトル,暖かい暖炉と共に,
すぐにお気に入りとなるだろう」と述べているが,
その言葉通り,深く胸に染み入る名曲だ。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中