CREATION, Diary

Spinning Toe-Hold


Spinning Toe-Hold – 1978
CREATION

まだプロレス中継がゴールデンタイムに放映されていた頃,
父親に連れられて何度か興行に足を運んだのも
今となってはずいぶん遠い日の思い出。
(何しろ小学校低学年の頃,記憶も甚だ曖昧ではあるが,
秋田市民体育館での興行だったと記憶している。)

テレビ中継,あるいは父親の影響か,全日派だったわが家の
当時のアイドルはドリーとテリーのザ・ファンクス。
(僕は兄のドリーが好きだったかな,多分…。)

さすがにザ・シーク,ブッチャーとの血みどろの
抗争を知る年齢ではなかったにせよ,
半失神で戦闘不能に陥ってしまった馬場の回復を待つ間,
ハンセン,ブロディの超獣コンビの猛攻を一人で
絶え凌ぐドリーのPWF世界タッグ王者決定リーグ戦での姿は,
まだまだ幼かった僕を強烈にインスパイアした。
(かなりの美化,誇張の可能性あり…。)

そのザ・ファンクスの入場テーマに使われていたのが,
彼らのフィニッシュ・ホールドの名を冠したこの曲。

もちろん,当時から大好きな1曲ではあったのだが,
この年齢になって改めて聴き返してみると,
そのクオリティとバンドのスキルの高さに驚かされる。

もちろん,僕自身はクリエイションの面々をリアルに知る
世代ではないが,成程,あの大槻ケンヂが絶賛し,
松本孝弘がカヴァーするのも納得の出来。

こりゃ,しばらくわが家のパワー・プレイかな…(笑)

広告
標準