Franz Ferdinand

Take Me Out


Take Me Out – 2004
Franz Ferdinand
Alex Kapranos, Nicholas McCarthy

セルフ・タイトルを施した2004年のデビュー・アルバム,
Franz Ferdinand からの 2nd シングルにして,
NME の The 50 Greatest Indie Anthems Ever で16位,
Pitchfork の Top 500 tracks of the 2000s で44位,
Rolling Stone の The 500 Greatest Songs of All Time では
327位に選出されている2000年代屈指のインディ・アンセム。

ニュー・ウェーヴやエレクトロクラッシュからの影響を鏤め,
如何にもアート・スクール出身らしい,何とも捻くれた
センスでミニマルなロック・アンサンブルを再構築。

当時,彼らが目指していたという「女の子が踊れるロック・
ミュージック」を見事に体現した1曲と言える。

転調の多様は好みが分かれるところだろうが,
マッドチェスターの終焉後,フロアにおけるギター・ロックの
機能を刷新してのけたこの曲の持つ意義は大きい。

標準