Morrissey

Roy’s Keen


Roy’s Keen – 1997
Morrissey
Morrissey, Alain Whyte

6th アルバム Maladjusted からの 2nd シングル。

Roy’s Keen というタイトルはモリッシー一流の言葉遊びで,
元アイルランド代表,ロイ・キーン Roy Keane の名を捩ったもの。

僕自身は,W杯ロシア大会アジア最終予選の結果も
気にならないほどサッカーには無関心だから,
当然,ロイ・キーンについても詳しくは知らないのだが,
聞けば,キャプテンとしてマンU・伝説の三冠(1998-99)の
原動力となり,過去にノエル・ギャラガー「マンUには
吐き気がするけど,ロイ・キーンだけは別」と述べるなど,
今も多くのサッカー・ファンに愛されているんだとか。

モリッシーは Keane の綴りを「勤勉」を意味する keen に変え,
「働き者の窓拭きロイ」の姿に投影して
ロイ・キーンへのリスペクトを表現したわけだが,
この辺は如何にもイギリス人らしいセンスといったところか。

AllMusic のネッド・ラジェットが「バンドの演奏も含め,
もっといいサウンドになったはず」とケチをつけてはいるが,
なかなかエモーショナルな仕上がりで僕は好きだ。

標準