Genesis, Phil Collins

Invisible Touch


Invisible Touch – 1986
Genesis

さて,そのジェネシス。

何ともベタな選曲にはなってしまうのだが,
1978年以降の3人体制が僕にとってのジェネシスだと
定義すれば,やはり最も好きなのはこの曲。

1986年の 13th アルバムのタイトル・トラックにして,
全英最高15位,全米ではバンド唯一のNo.1に輝いた,
彼らのキャリア最大のヒット曲だ。

当時,まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったフィル・コリンズの
ソロでの活躍に牽引されたという側面はあったにせよ,
古参プログレ・バンドからコマーシャルなロック・バンドへと
見事なイメージ・チェンジを果たしたこの頃の
彼らを象徴するナンバーと言える。

脊髄の手術以降,体調不良で引退と復帰を繰り返している
フィルだが,そろそろ,2010年から途絶えている
新譜のリリースに期待したいところではある。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中