The Smiths

Suffer Little Children

the_smiths
The Smiths – 1984
♯11 Suffer Little Children
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

モリッシーの過激な詞作が物議を醸した
1984年の 1st アルバム The Smiths 収録曲中にあって,
最も問題視されたのがおそらくこの曲だろう。

1960年代にイギリスを震撼させたムーアズ殺人事件の
犠牲者となったエドワード・エヴァンズ,レズリー・アン,
ジョン・キルブライドと実行犯の1人であるマイラ・ヒンドレーの
実名を登場させたこの曲は,たまたま立ち寄ったパブで
耳にしたというレズリー・アンの祖母の怒りを買い,
その後,メディアの激しい非難に晒されることになる。
(ただし,モリッシーは後にレズリー・アンの母親,
アン・ウエストと親交を深めている。)

誰か/僕を見つけて/見つけてくれるだけでいい/
僕らは/重苦しい霧に包まれた/沼地にいる/
僕らは/もう/死んでいるかもしれないし/
まだ/死んでいないのかもしれない/
でも/僕らは/ずっと/あなたの隣にいる/
あなたが死ぬ/その日まで/簡単ではないけれど/
あなたが笑えば/僕らは現れる/僕らは一緒…

きっと/あなたは/眠るんだろう/
きっと/あなたは/眠るんだろう/
きっと/あなたは/眠るんだろう/
でも/もう/夢は見ない/
きっと/あなたは/眠るんだろう/
でも/もう/夢を見ることなんてないんだよ…

ロック・ミュージックが本来齎すカタルシスとは
真逆のベクトルを持つ陰鬱なトラックと
この気が滅入るようなリリックは,
しかし,それ故,深く静かに僕の胸を打つ。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中