The Beautiful South

Song for Whoever

song_for_whoever
Song for Whoever – 1989
The Beautiful South
Paul Heaton, Dave Rotheray

今や押しも押されぬトップ・クリエイターの1人である
ファットボーイ・スリムことノーマン・クックも
在籍していたハウスマーティンズを前身とする
ザ・ビューティフル・サウス,1989年の 1st シングル。

ポップで美しいメロディと辛辣なリリックとの対比が
彼らの楽曲の大きな魅力と言えるが,
このシングルで描かれているのも,
ラヴ・ソングの題材を手に入れるために
多くのロマンスを重ねるシニカルなライターの姿。

シャーリー,ジュリー,ジューン,ジェニファー,アリソン,
フィリッパ,スー,デボラ,アナベル…

曲中には実に多くの女性の名前が登場するが,
全ては自身の富と名声のための糧,
当のライターはと言えば,もはや彼女たちの
名前すらも覚えていないという…。

身も蓋もない内容ではあるが,いかにもUKのバンドらしい,
この何とも捻くれたセンスが僕は好きだ。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中