Primal Scream

Rocks

rocks
Rocks – 1994
Primal Scream
Bobby Gillespie, Andrew Innes, Robert Young

度重なる録り直しとレコーディングの遅れから
マーケティング費用と合わせて実に94万ポンドにまで
膨れ上がったという巨額の製作費を掛けて
リリースに漕ぎ着けた 1994年の 4th アルバム,
Give Out But Don’t Give Up からの 1st シングル。

フロント・マンのボビー・ギレスピー自身,
「数曲を除けばひどい駄作」と述べてはいるものの,
アルバム毎に著しく作風を変化させた彼らが
クラシック・ロック寄りのサウンドへと大きく舵を切った
Give Out But Don’t Give Up を象徴するナンバーだ。

もちろん,彼らの最高傑作が 3rd アルバム,
Screamadelica であることに異論の余地はないが,
こういう振り切れたサウンドは聴いていて気持ちがいい。

隠喩を多用した下品なリリックは褒める気にはなれないが,
こうしたロック色の濃いサウンド・デザインでこそ
ボビーの感性がその真価を発揮するのだと個人的には思う。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中