Venus Peter

Every Planets Son

space_driver
Space Driver – 1992
♯1 Every Planets Son
Venus Peter

テレビ東京系列で放送されていた地上波時代の
「ファッション通信」は学生時代の僕の大のお気に入りだったが,
(2年前に他界したジャーナリスト・大内順子氏の独特の語り口も
大好きだった。「何ともフェミニンでマスキュリン」とか,
冷静に考えると全く意味不明な解説も多かったが…)
当時,番組のオープニングを飾っていたのがこの曲。

リアルタイムでマッドチェスターの洗礼を受けていた
僕がこの手のサウンドに食いつくというのも
当然と言えば当然ではあるのだが,
このあからさまなローゼズ・フォロワーが実は日本人の
5人組だという事実は大きな衝撃だった。

「小山田圭吾がバンド加入前の沖野俊太郎の家で Fools Gold の
MVを初めて観て衝撃を受けた」という実に「らしい」逸話も
残されているが,中途半端な路線変更が災いして
結局は短命に終わってしまったのが何とも残念な話だ。

広告
標準

Every Planets Son」への2件のフィードバック

  1. 素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    ご紹介、ありがとうございました。

    平凡な生活が日々送れることが幸せ、・・・・・・。
    ですね。

    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中