Morrissey

Why Don’t You Find Out for Yourself

vauxhall_and_i
Vauxhall and I – 1994
♯6 Why Don’t You Find Out for Yourself
Morrissey, Alain Whyte

プロデューサーにスティーヴ・リリーホワイト迎えた
1994年の傑作 Vauxhall and I の中にあって一際美しい1曲。

エレキ・ギターを使用したデモを聴いたモリッシーの指示で
急遽アコースティック・ギターに変更されたそうだが,
なるほど,この曲の美しいメロディとリズムは,
このアコースティック・ギター効果でこそさらに引き立つ。

奴らが/待ち構えている/
君の困窮を十分に理解しつつ/跪いて祈ってるんだ

苦しみがこれからも続きますようにってね/
自分自身で見つけなよ/そうすれば/気付けるはずさ/
茂みに潜んでいるガラスにだってね/
君が受け入れなくちゃならない/辛い経験の繰り返し/
嫌気がさすよね/これが世の常だっていうんだから…

冴え渡るアラン・ホワイトのサウンド・デザインと,
何とも辛辣なリリックとのコントラストも見事。

余談だが,US産のバンドでは数少ない
僕のフェイヴァリットであるザ・キラーズが
この曲をカヴァーしており,
デビュー・アルバム Hot Fuss の限定ボックス・セットに
ボーナス・トラックとして収録されている。


広告
標準

Why Don’t You Find Out for Yourself」への2件のフィードバック

  1. 素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    ご紹介、ありがとうございました。

    健康で、長生きしたいものですね。

    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中