Morrissey

Piccadilly Palare

piccadilly_palare
Piccadilly Palare – 1990
Morrissey
Morrissey, Kevin Armstrong

初期のシングルとそのカップリング曲による1990年のコンピ盤,
Bona Drug に唯一の新曲として収録された 7th シングル。

「ピカデリー・パラーレ」とは,ロンドンで一番の繁華街だった
ピカデリー周辺で使われていたスラングのようだが,
ここはモリッシー本人による解説を引用しよう。

「パラーレっていうのは劇場関係者がジプシーのスラングから
拝借して使っていた言葉なんだ。僕も70年代に男娼が
使っていたのを聞いたことがあるよ。仲間内で話す時や
人の品定めをする時なんかに使うものなのさ」

「この曲はピカデリーの男娼について歌ったものだ。70年代に
社会問題になっていたんだ。Johnny Go Home みたいな
ドキュメンタリーは知ってる?当時,僕らはこういったことに
奇妙なロマンティシズムを感じていたものさ。
『自由』に魅了されていたんだろうね。長距離バスに乗って
ピカデリーまで行って,そこで数日過ごすなんてのが
特別なことだったんだ。今ではソーホーも小奇麗になってて
嫌になるけど,当時は本当にパワフルな場所だったんだよ」

リリックといい,歌唱といい,実に「らしい」1曲だ。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中