Charlie Sexton

Beat’s So Lonely

beats_so_lonely
Beat’s So Lonely – 1985
Charlie Sexton
Charlie Sexton, Keith Forsey

ボブ・ディラン・バンドのサポート・ギタリストとしても
活躍したチャーリー・セクストンが
若干17歳でリリースしたデビュー・シングル。

ミュージシャンらしからぬ端正なルックス,
そして17歳の若者とは思えぬ卓越したスキルと
ワイルドなヴォーカル・スタイルは,
当然,ポップ・ミュージックに開眼したばかりの
小学生だった僕を強く惹きつけたわけだが,
加えて,ソングライト,ほぼ全ての楽器の演奏を一人で
こなすマルチぶりもまさに「早熟の天才」。

ボブ・ディランの息子・ジェイコブ,デイヴ・マシューズ,
ブレイディ・ブレイドとのレコーディング開始が
アナウンスされて久しいが,
そろそろ新譜のリリースにも期待したいところだ。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中