The Smiths

This Charming Man

this_charming_man
This Charming Man – 1983
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

1983年リリースの 2nd シングル。

その後のバンドの方向性を決定づけたとも言える
この曲は,ザ・スミス初期の楽曲としては Still Ill
William, It Was Really Nothing と並んで
僕が最も好きなナンバーの1つだ。

皮張りのシートが/こんなに滑らかだってのに/
君は/何を難しく考えているんだい?/
お出かけしてみたいと思うけど/
僕には/着ていくような服がないんです/
信じられないね/君みたいにハンサムな少年が/
そんなことを気にするなんて…

ボーイ・ミーツ・ゲイを連想させるモリッシーの
難解かつ文学的なリリックも見事だが,
極めてシンプルな構成のこの曲をここまで聴かせる
ジョニーのプレイはまさに「神懸かり」とも言える出来。

数多のカヴァーも溢れるが,
「天才」ジョニー・マーの驚異的なアレンジ力と
変幻自在のアルペジオを超えるヴァージョンは存在しない。

広告
標準

This Charming Man」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: We Share the Same Skies | 美音愛音

  2. ハートペンギン の発言:

    こちらでははじめましてのハートペンギンです(笑)

    なかなか濃ゆいブログで、私の入る隙などないかと思いましたら……

    THE SMITHS! Morrissey、Johnny Marr! 
    この名前を福島のブロガーさんから聞くことができるとは!

    高校生の時にベストヒットUSA、MTVにハマって、アメリカンポップはもちろん
    UKのミュージシャンのも相当聞きました(笑)

    ディペッシュモード、エコー&ザバニメン、ザ・キュアーなどなど
    中でもCDを集めさくったのがTHE SMITHSでした。
    その後ソロのモリッシーも(笑) 彼らは本当にサウンドがブレない(笑)
    ミートイズマーダー、ストップミー、ザ・クィーンイズデッドなど買い集めました☆
    懐かし~~( ´ ∀ `)

    ギターのことはよく知りませんが、やっぱりジョニー・マーってスゴイんですね!
    当時は高校生だったのでルックスのいいミュージシャンを追っかけてました(笑)

    • ハートペンギンさま

      おはようございます♪
      ようこそおいでくださいました。

      >高校生の時にベストヒットUSA、MTVに
      >ハマって、アメリカンポップはもちろん
      >UKのミュージシャンのも相当聞きました(笑)
      うわぁ,懐かしいなあ…。
      ベストヒットUSAは僕も夢中になって観てましたよ。
      ネットなどまだない時代,雑誌,ラジオと共に
      貴重な情報源だったなあ…(笑)

      >その後ソロのモリッシーも(笑)
      >彼らは本当にサウンドがブレない(笑)
      仰る通りですね。
      僕自身はリアルタイムのリスナーでないのですが,
      高校時代はほぼザ・スミス一辺倒でした。
      当ブログでは月初の投稿はモリッシー,ザ・スミスの
      楽曲レヴューと決まっておりますので,
      よろしければご覧になってくださいませ♪

      >やっぱりジョニー・マーってスゴイんですね!
      僕にとっては最高のギター・ヒーローです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中