David Bowie

Changes

今月10日,英国を代表するロック・スター,デヴィッド・ボウイが
18ヵ月間に及ぶ闘病の末にこの世を去った。

69歳の誕生日である1月8日に実に26作目となる
スタジオ・アルバム「★」をリリースしたばかりだっただけに,
この突然の訃報は世界に大きな衝撃を与えた。

・・・・・・・・

changes
Changes – 1972
David Bowie,
David Bowie, Ken Scott

もう何年前のことになるのか,それが Grammy Awards だったか,
はたまた MTV Video Music Awards だったか,
記憶は甚だ曖昧ではあるのだが,
プレゼンターとして登場したデヴィッド・ボウイの
バックで流れていたのがこの曲だった。

ローリング・ストーン誌が「音楽スタイルを洋服のように変え,
自己を化身させようと考えたポップな役者」と評した
70年代のボウイが自身の変革について歌ったと言われる
この曲は,一瞬で僕の心を捕らえた。

僕がまだ生まれる前のシングルが,
リリースから40年以上を経た今なお僕の胸を打つ…。

普遍の名曲とはこういう曲を言うのだろう。

・・・・・・・・

偉大なるロック・スターの冥福を祈る。

広告
標準

Changes」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Star Guitar | 美音愛音

  2. ピンバック: Too Funky | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中