Manic Street Preachers

Roses in the Hospital

roses_in_the_hospital
Roses in the Hospital – 1993
Manic Street Preachers

1993年の Gold Against the Soul ツアー。
Roses in the Hospital を大合唱するオーディエンスの中で,
ハイティーンの僕もまた彼らと共に拳を振り上げていた。

マニックスが僕の大のフェイヴァリットとなったのは
3rd アルバム The Holy Bible からのこと。

1st Generation Terrorists と 2nd Gold Against the Soul は
世紀のク*アルバムだというのが今も変わらぬ僕の見解なのだが,
(もっとも,その僕がなぜマニックスのライヴ会場に
いたのかという話もあるにはある…)
Gold Against the Soul からの 3rd シングルとなったこの曲だけは,
強烈な説得力でもってハイティーンの僕を惹きつけた。

俺たちは/居場所が欲しかっただけなんだ/
「無い」ってことが/こんなに辛いことだったとはね/
秋風に舞う木の葉のような…/1月の洪水のような…/
あんたたちのク*みたいな愛なんて/俺たちには必要ないのさ…

文学的なリリックを除けば,
やはり稚拙さばかりが目立つ1曲ではあるが,
何しろ多感な時期,残念ながらラジオ・エディットからは
カットされてしまった We don’t want your f**king love! という件に
強く惹かれたこと,あるいは,何だかんだと文句を言いながらも,
(大なり小なり)彼らの反骨精神に感化されていた
部分もあったのかもしれない。

余談だが,スラングで roses は快楽,hospital は刑務所を
意味するんだとか。

また,この曲の終盤に登場する Forever delayed という
リフレインは,後に彼らのベスト盤のタイトルにもなっている。

広告
標準

Roses in the Hospital」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Motorcycle Emptiness | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中