The Smiths

Bigmouth Strikes Again

bigmouth_strikes_again
Bigmouth Strikes Again – 1986
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

「Bigmouth Strikes Again は,
僕なりの Jumpin’ Jack Flash にしようと思って

書き上げた曲なんだ(ジョニー・マー)」

ザ・スミスの最高傑作 The Queen Is Dead からの 2nd カット。
傑作の誉れ高いこの 10th シングルは,
僕が最も好きなザ・スミスのナンバーの1つでもある。

可愛い人/可愛い人/あれは/ただの冗談だったんだよ/
君の頭を殴りつけて/
その歯を全部叩き折ってやりたいだなんて言ったのは…

可愛い人/可愛い人/あれは/ただの冗談だったんだよ/
君は/ベッドの上で撲殺されて当然だなんて言ったのは…

モリッシーとジョニーならではの
超攻撃的リリックと超攻撃的トラック。

お世辞にも褒められた内容とは言えないが,
どこか不穏な空気を漂わせながら
「血湧き肉踊る」とでも言えばいいのか,
ここまで煽動的なロック・ナンバーもそうはないだろう。

ちなみにバック・ヴォーカルにクレジットされている
Ann Coats はマンチェスターの地名で,
実際には回転数を上げて再生された
モリッシー本人の声が使われている。

UK最高位26位とチャート・アクションは
今ひとつ振るわなかったものの,
名曲揃いの The Queen Is Dead の中にあって
一際存在感を放つ名曲だ。

広告
標準

Bigmouth Strikes Again」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: We Share the Same Skies | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中