The Smiths

Cemetry Gates

the_queen_is_dead
The Queen Is Dead – 1986
♯5 Cemetry Gates
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

「あの曲はオープンGで弾いているんだよ。
ラフ・トレードと契約して

『凄い新人ソングライターがいる』と言われていた頃に,
『僕らが本当にそんなに優れたソングライターならば,
朝起きてまずすべきことは作曲だ』と思って書いた曲でね。
オープンGにチューニングしておいて
Bmへコード・チェンジするっていう

流れを意識しているんだよ(ジョニー・マー)」

ザ・スミスの最高傑作 The Queen Is Dead のA面ラストを飾る
この曲は,シングル化こそされてないものの,
本作中,僕が最も好きなナンバーだ。

ゾッとするほど晴れたこんな日には/墓場の前で待ち合わせを/
キーツとイエーツは君のお隣に/
嫌になるほど天気がいいこんな日には/
墓場の入り口で待ち合わせだ/

キーツとイエーツは君のお隣に/
そして/僕のそばにはワイルドが…

ジョニーのギター,そしてローリング・ストーン誌の
マーク・コールマンが The Queen Is Dead の
ハイライトに挙げたモリッシーの歌唱はもちろん,
オスカー・ワイルドからの引用を指摘された
モリッシーの回答が実に素晴らしい!

詩を書くなら/自分自身の言葉じゃなきゃ駄目さ/
どこかから拝借ってのは駄目だ/
いつだって/お節介な奴が嗅ぎ当てて揚げ足をとる/
そして/君を笑い者にするんだ…

ゾッとするほど晴れたこんな日には/墓場の前で待ってるよ/
キーツとイエーツは君のお隣に/
嫌になるほど天気がいいこんな日には/
僕らが歓迎される場所へ/墓場の前で待ってるから/

キーツとイエーツは君のお隣に/
でも/やっぱり僕の勝ちさ/だって/僕のそばにはワイルドが…

オスカー・ワイルドからの影響を公然と認めつつ,
キーツやイエーツを引用している君らでは
自分の足元にも及ばないと…。

詩人たるモリッシーのまさに面目躍如と言えよう。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中