808 state, Diary, Happy Mondays, Joy Division, Madchester, New Order, The Charlatans, The Stone Roses

Madchester

今日は本ブログの記事中にもしばしば登場する
マッドチェスターについて触れておきたい。

ザ・スミスという規格外の例外を除けば,
ハイティーンの僕を最も熱狂させたムーヴメントが
マッドチェスターだった。

70年代後半,ジョイ・ディヴィジョンと
ファクトリー・レコードによって
盛り上がりを見せ始めたマンチェスターは,
そのファクトリー・レコードと今や伝説と化した
ハシエンダを中心として
80年代UKダンス・シーンの一大拠点へと発展する。

イアン・カーティスの自殺によるジョイ・ディヴィジョンの
終焉という衝撃的な事件の後,
新たにファクトリー・レコードの看板となったニュー・オーダーや
ザ・ドゥルッティ・コラム等がシーンを盛り上げる中,
ダンサブルなサウンドとハシエンダに集う若者たちの
ドラッグ・カルチャーは次第に独自の融合を見せ始め,
それまでには見られなかった新たなロック・スタイルが
台頭することになる。

それは,アーティストと観衆の間の垣根を取り払おうする
オーディエンス主体のスタイルであり,
それまでのシーンにはなかったよりオープンで
享楽主義的なスタイルだった。

サウンド的には伝統的なロックのフォーマットに
4つ打ち主体のハウス・ミュージックのエッセンスが取り込まれ,
その役割も次第に「聴かせる」から
「如何にフロアを機能させるか?」にシフトしていく中,
こうした動きに「止めの一撃」を加えたのが
ザ・ストーン・ローゼズだった。

ロック史上最強のリズム隊,レニ&マニの強烈なグルーヴと,
縦横無尽に駆け巡るジョン・スクワイアの
サイケデリックなギターが生み出すこの上ない疾走感は,
90年代のロック・ミュージック,ダンス・ミュージックが
真にあるべき姿を示して見せた。

彼らの登場によって「マッドチェスター・ムーヴメント」は
90年代初頭のロック・シーンを席巻する
一大ムーヴメントへと拡大していく。

拡大するムーヴメントの中にあって
あからさまなローゼズ・フォロワーも数多く見られたものの,
大御所ニュー・オーダーをはじめ,ハッピー・マンデーズ,
808ステイト,シャーラタンズなど,
ユニークなバンドが多くの優れた楽曲を残している。

長期のブランクおよび過度の期待ゆえか,
優れたサウンド・デザインであったにも関わらずセールス的には
惨敗を喫したザ・ストーン・ローゼズの
2nd アルバム Second Coming のリリースを境に
マッドチェスター・ムーヴメントは失速。

既に台頭しつつあったブリットポップ・ムーヴメントが
その後のUKロック・シーンを盛り上げていくわけだが,
マッドチェスター・ムーヴメントがその後の
UKロック・シーンに与えた影響の大きさは計り知れない。

世界を席巻したこのムーヴメントがなければ,
ザ・ストーン・ローゼズがいなければ,
あのオアシスもレディオヘッドも
存在しなかったかもしれないのだから。

広告
標準

Madchester」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Take Me Out | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中