The Smiths

A Rush and a Push and the Land Is Ours

strangeways_here_we_come
Strangeways, Here We Come – 1987
♯1 A Rush and a Push and the Land Is Ours
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

僕とザ・スミスの出会いは(実は)彼らの最後の
スタジオ・アルバムとなった Strangeways, Here We Come だった。

ジョニーがバンドの最高傑作と位置付けるこのアルバムの
サウンド・デザインはいまだ評価の分かれるところではあるが,
それでも思春期の僕が,その後,ザ・スミスに大きく
傾倒していくのに十分なインパクトがあった。

何しろ,オープニングを飾る
A Rush and a Push and the Land Is Ours が,
いきなり首を吊って死んだ男の幽霊の自己紹介で始まるのだから!

やあ/僕は厄介者のジョーの幽霊さ/
18ヵ月ほど前に/首を吊って死んだんだ…

「突進,突撃,さすれば眼下の土地は我らのもの」
モリッシーが敬愛するオスカー・ワイルドの母親によって
書かれたという詩の一節を引用して恋愛を戦争に擬え,
結局は強い者が勝利すると説きながら,
この惨めな幽霊は情けなく怖気づく。

ああ/駄目だよ/どうか/恋愛については触れないでおくれ/
あんな痛み/あんな苦しみはもうごめんなんだから…

散々怖気づいた挙句,ジョーの幽霊は無様にも告白する。

僕に電話して/電話して/僕は恋をしているみたいだ/
恋をしているみたいだ/ああ/何てことだ/
僕は間違いなく恋をしているんだ…

実にモリッシーらしい,何とも女々しい幽霊ではないか。

広告
標準

A Rush and a Push and the Land Is Ours」への1件のフィードバック

  1. 素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

    ご紹介、ありがとうございました。

    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中