The Smiths

How Soon Is Now?

how_soon_is_now
How Soon Is Now? – 1985
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

当初は,名曲 Heaven Knows I’m Miserable Now のB面に
収録されていた 6th シングル。

「How Soon Is Now? はF♯チューニングだ。
スワンプ風のサウンドで,モダンな
バイユー・ソングにしたかったんだ。

ストレートなEのリフにオープンGとF♯m7が続く。
コーラス・ギターはオープンB,A,Dの形で
高音部の2本の弦を響かせる。

ビブラート・サウンドは凄くいい出来だけど,
これにはかなり時間がかかったよ。

リズム・トラックはエピフォン・カジノを
フェンダー・ツイン・リバーブに通して

アンプのビブラートを使わずに録った。
それからそのトラックをプレイバックして,
4台のオールド・ツイン・リバーブに通して
左右を2台ずつに分けたんだ。

トラックの音と4台のアンプのビブラートの
タイミングを合わせるために

何度もトラックを繰り返さなくちゃならなかった。
この曲のサウンドは信じられないくらい
エゴイスティックに聴こえるかもしれないけれど,

イントロは Layla くらい強烈なものにしたかったんだ。
クラブやパブですぐに皆がこの曲だとわかるようにさ。
実際,この曲は僕が書いた曲の中でも
すぐにそれとわかる曲の1つで,これまでも多くの質問を受けた。

でも,スライドをどうやったか思い出せないんだ。
書き留めておかないのは僕の悪い癖の1つだね。
スライドでは3つのパッセージにハーモナイザーをかけている。
6度とか変な音程にセットしていたと思う。
パッセージごとにハーモナイズが異なっていたよ。
ハーモニックスになっているラインではチューニングし直して,
全てが12フレットのナチュラル・ハーモニックスで
プレイできるようにしたんだ。
何回か重ねてね(ジョニー・マー)」

アーティスティックなサウンド・デザインに徹したジョニーの
ソングライトが冴え渡るこの曲のトラックは,
当時,ザ・スミスのUS盤を手掛けていた
サイアー・レコードのチーフ,シーモア・スタインをして
The STAIRWAY TO HEAVEN of the Eighties と言わしめる。

僕は/惰弱の息子/犯罪的なまでに低俗な内気さの/
息子にして後継者/

僕は/後継者/「平凡」それ自体の/
息子にして後継者…

黙れ!/よくも/僕が間違っているだなんて言えるな?/
僕だって人間なんだ/僕だって愛を必要としているんだ/
僕は/愛されたいだけ/他のみんなと同じように…

練りに練られたトラックと,そのあまりに凄惨なリリックとの
この残酷なまでのコントラストはどうだ?

ジョニーにしか創り出せないトラックと
モリッシーにしか書けないリリック,
ザ・スミスでなければ決して生み出し得ない,
まさに珠玉の1曲だ。

広告
標準

How Soon Is Now?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: We Share the Same Skies | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中