The Stone Roses

I Wanna Be Adored

i_wanna_be_adored
I Wanna Be Adored – 1989
The Stone Roses
Ian Brown, John Squire

ロック・ミュージック,ダンス・ミュージックの歴史を変えた
1st アルバム The Stone Roses のオープニングを飾る 3rd シングル。

魂を売る必要なんかない/彼はもう俺の中にいるんだから/
魂を/魂を売る必要なんかないんだ/
彼はもう俺の中にいるんだから/

俺は憧れられたい/俺は崇拝されたい/憧れられたい/
崇拝されたいんだ/

おまえは俺に憧れる/おまえは俺を崇拝するのさ…

長いイントロで散々リスナーの期待を煽った挙句に
延々と繰り返されるこの確信犯的なリリックは,
しかし,どこか冷淡な嘲笑を含みながらも実に力強く響く。

彼らでなければ一笑に付されているところなのだろうが,
そこにあるのはロックの変革者たる彼らの
強烈な自我と確固たる決意。

ザ・ストーン・ローゼズという一大革命を高らかに
宣言した感動のリード・チューンだ。

広告
標準

I Wanna Be Adored」への2件のフィードバック

  1. 素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    ご紹介、ありがとうございました。

    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

    • John Metavolita の発言:

      siawasekunさま

      こんにちは♪
      こちらこそいつも素敵な癒しをありがとうございます。
      後ほどまたお邪魔させていただきます♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中