George Michael

Father Figure

father_figure
Father Figure – 1988
George Michael

軽快なオープニング・チューン Faith の
あまりにも潔いエンディングの後,
アルバム Faith はある種の精神性をも感じさせるほどの
深みを持つこの曲へとシフトする。

Faith からの 3rd シングルにして2曲目の全米No.1,
アダルト・コンテンポラリー・チャートでも最高位3位を記録した
非常にアーティスティックな1曲だ。

当時付き合っていたという中国系女性との
煮え切らない関係を意識してか,
非常にパーソナルなリリックになってはいるが,
どことなくオリエンタルな雰囲気が漂うサウンドに乗せて
情感たっぷりに歌い上げるジョージのヴォーカルは圧巻!

モデルのタニア・コレリッジをフィーチャーし,
MTV Video Music Awards で
Best Direction of a Video に選出されたPVも見応え十分だ。

広告
標準

Father Figure」への2件のフィードバック

  1. 素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    ご紹介、ありがとうございました。

    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。

  2. ピンバック: Monkey | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中