The Smiths

Girlfriend in a Coma

girlfriend_in_a_coma
Girlfriend in a Coma – 1987
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

Unhappy Birthday が出色の出来だったにせよ,
シングル・リリースされたこの曲もまた,
Strangeways, Here We Come のハイライトの1つと言っていい。

昏睡状態に陥った恋人を前に,こんな状況でなくとも
「何度か彼女を殺しかけたことがあった」
告白する曲中の主人公…。

『自分』以外の『何か』によって恋人がこんな状況に
陥ってしまうことを決して認めようとしない
主人公のこの歪んだ愛情は,
しかし,ジョニーが奏でるアコースティック・ギターの
細やかなフレーズとの鮮烈な対比を見せる。

この曲のシングル・リリースを最後にジョニーが
正式にバンドを脱退することになるわけだが,
ジャケットのシーラ・ディレイニー(タブー視されていた
セックス,妊娠,過激な暴力などを真っ向から取り上げ,
モリッシーの初期の詩作に多大な影響を与えた劇作家)の
表情もどこか象徴的だったように思われる。

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中