The Smiths

Unhappy Birthday

strangeways_here_we_come
Strangeways, Here We Come – 1987
♯7 Unhappy Birthday
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

「『アンハッピー・バースデー』は素晴らしい曲だよ。
僕の曲にあんな歌詞を書けるのはモリッシーだけだし,
彼にあんな曲を書いてあげられるのも僕だけさ」

「茨の同盟」の有名な件でも知られているように,
ジョニー・マーはザ・スミス最後のスタジオ・アルバム
Strangeways, Here We Come 収録の Unhappy Birthday を
バンドのベスト・ソングに挙げており,
この曲を含むがゆえ,その Strangeways, Here We Come が
ザ・スミスの最高傑作であると述べている。

君の誕生日を祝いに来てやったよ/君の不幸な誕生日を/
君は邪悪な嘘つきさ/
君が死んだら/少しは悲しいかもしれないね/
決して泣いたりはしないけど…

この曲のリリックに込められた悪意は至極明快で,
自分を捨てた相手に対する未練たっぷりの悪罵が延々と続く。

さあ/飲もう!/今夜は吐くまで飲むのさ/
君が捨てた男から愛を込めて/
君に捨てられた男から愛を込めて…

どこをどう切っても敵意剥き出しのリリックではあるのだが,
悲しいと言えばここまで悲しく響く曲もそうはない。

モリッシー,ジョニーの奇跡的とも言えるコンビネーションの妙。

冒頭の件を借りるまでもなく,
まさにザ・スミスならではの1曲だと言えるだろう。

広告
標準

Unhappy Birthday」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Girlfriend in a Coma | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中