The Smiths

Still Ill

the_smiths
The Smiths – 1984
♯7 Still Ill
The Smiths
Morrissey, Johnny Marr

Hand in Glove と共にデビュー・アルバム The Smiths の
ハイライトを形成するザ・スミスのベスト・トラックの1つ。

今日/僕はここに宣言する/受け取るのが人生であって/
与えるためのものではないってことを/
イギリスは僕のもの/僕を生かす義務があるだろ?/
「なぜだ?」なんて訊いてみろ/おまえの目に唾を吐いてやる/
理由なんか訊いてみろ/おまえの目に唾を吐いてやる/
僕らは/もう昔の夢に縋っちゃいられない/
畜生!/あの頃の夢には縋っちゃいられないんだ…/

肉体が精神を支配するのか/精神が肉体を支配するのか/
僕にはわからない…/

鉄橋の下で/僕らはキスをした/
唇が腫れ上がってお終いだったけど/
もう/以前のようには感じないんだ/
畜生!/あの頃とは何もかも違ってしまっているんだ/

ああ/僕は病んでいるのか?/
ああ/僕はまだ病んでいるのか…?

冴え渡るモリッシーの詞作と
あまりにも煌びやかなジョニーのギター!
(この曲におけるジョニーのプレイはまさに「神懸かり」。)

UKロック史上最も美しい1曲,まさに3分21秒の奇跡。

広告
標準

Still Ill」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: What Difference Does It Make? | 美音愛音

  2. ピンバック: William, It Was Really Nothing | 美音愛音

  3. ピンバック: This Charming Man | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中