Depeche Mode

Blasphemous Rumours

blasphemous_rumours
Blasphemous Rumours – 1984
Depeche Mode
Martin L. Gore

思春期の僕を強烈にインスパイアしたある夏の物語。

自殺を図って一命を取り留めるも,キリスト教に目覚めた途端に
事故で命を落とすという16歳の少女の皮肉な運命を綴った後,
語り部はこう神に毒づく。

冒涜したいわけじゃないが/主は/悪い冗談がお好きのようだ/
僕が死んだら/主は/きっとお笑いになるのだろう…

両A面シングルとしてカップリングされた Somebody の
あまりにも叙情的な美しさと相俟って強く胸に響く1曲だ。

広告
標準

Blasphemous Rumours」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: A Question of Lust | 美音愛音

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中